大会長挨拶

日本放射線技術学会第61回近畿支部学術大会
61%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e9%95%b7

『Step by Step』

中尾 裕次
(医療法人昭陽会 
和歌山南放射線科クリニック)


 近畿支部第61回学術大会は,平成30年1月20日(土)~21日(日)の1.5日間,和歌山市のホテルアバローム紀の国にて開催いたします.大会テーマは,『Step by Step』です.
 この度,歴史ある日本放射線技術学会近畿支部学術大会の大会長を務めさせて頂くことを大変光栄に感じております.また,和歌山県下で近畿支部学術大会を9年ぶりに開催できることは,県下の会員のみならず診療放射線技師にとって,身近で放射線技術を学ぶ絶好のチャンスと考えています.
 私の診療放射線技師としての32年間を振り返ってみますと,日々の仕事や放射線技術に関する知識を諸先輩方に教わったり,同僚技師と議論したりと,一歩ずつ階段を上がるように学んできたように感じます.皆様も一気にすごい放射線技術を身につけたり,造作なく論文を書いたりしたことはないと思います.一進一退を繰り返しながら少しずつ進歩し,患者様により良い医療を提供できるように,日々努力,研鑚を重ねられていることでしょう.そして,階段を上っていくためにはまずは大きな目標を定め,それを達成するために今年の目標,今月の目標,今日の目標と達成可能な課題を見つけ,到達に向かって具体的な行動を起こすことが大切です.一歩一歩,着実に歩みを進めるための目標や課題を見つけるヒントにこの学術大会がなれるように準備を進めて参ります.
 講演プログラム(詳細は開催概要を参照)として,特別講演①②,教育講演,教育技術セミナーや初学者に実験の進め方セミナーなどを企画しています.新しい試みとして,大会初日はランチョンセミナーから始まります.また,第61回学術大会より大会ホームページがリニューアルされ,新しい情報の発信がその都度アップ出来るようになりました.さらに,演題募集期間も例年より1ヶ月早くなり演題登録ホームも変更されています.最新の情報をホームページでチェックして頂き,より多くの演題登録をお願いいたします.
 1月20日,21日と言えば,二十四節気の大寒にあたる頃になります.大寒は1年で1番寒さの厳しい時季です.和歌山は温暖なイメージがありますが,大雪に見舞われることも稀にあります.そんな寒さも皆様の熱気で吹き飛ばし,大いに盛り上げて頂きますよう宜しくお願い申し上げます.新しい春を目前に実りある学術大会になるよう,実行委員共々頑張る所存です.
 平成30年は和歌山から! 皆様のご参加を心よりお待ちしています.